読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

godmemo

デザイン/WEB屋のメモです。自分用

Wordがなくても大丈夫!何文字を簡単にカウントできる便利サービス!!ブログ・WEBサイト用の記事を書くときに超便利!!

Photo:Nixie Clocks - 29 By:oskay
Photo:Nixie Clocks - 29 By oskay

 

モノ書きが、本職・アルバイトで稼げる時代が一般化

個人〜大企業問わず、個々数年キュレーションメディア(まとめサイト)やバイラルメディアが大ブームの近年、

だれでも「キュレーター」「ライター」「ブロガー」として、公私共に文章書きをする方が急増中ですね。

 

内職バイトとしても、記事制作代行ビジネスがたくさんあります。

特別なスキルは必要ないので、だれでも気楽に自宅で記事書きのバイトができて、良い時代だと思います。

 

必ず必要になってくる、ブログ・WEBサイト記事の文字数。あなたはどうやってカウントしてますか?

 

記事書きの仕事になると、必ずつきまとってくるのが

「400文字以上が条件」「1000文字でいくら」「1文字 0.5円」

みたいな感じの案件や料金設定。

 

原稿用紙で記事制作なら大体の文字数がわかりますが、パソコンで文字書く場合には原稿用紙の升目もないし、一文字一文字地道にカウントするのはあほらしい。

マイクロソフトのWord(ワード)で記事制作するのであれば、もともとソフトについているツールを使用すれば簡単です!

www.microsoft.com

僕自身はMicrosoft officeはほとんど利用しないので、起動させるのが億劫ですがw

Word(ワード)を持っていない人や、いちいちWord(ワード)立ち上げるのがめんどくさいという方には特にオススメなのがこちらのWEBツール

 Sundry☆Streetの文字数カウンタがすごすぎる!

こちら

http://www2u.biglobe.ne.jp/~yuichi/rest/strcount.html 

f:id:godspade:20151015101431p:plain

 

こんなシンプルで便利なツールって、神だ!って思ってしまいます。

使い方も超簡単!記事中のカウントしたい文章を丸っとコピーして、こちらの Sundry☆Streetの文字数カウンタのテキストBOXにペーストして最後に「カウンタ」ボタンを押すだけ。

 

素晴らしいですね!!

 Photo: By:ClickFlashPhotos / Nicki Varkevisser
Photo: By ClickFlashPhotos / Nicki Varkevisser

ざんねんながらインターネット環境がないと、こちらのWEBサービスは使えませんが、はじめにネット環境があるうちに、Sundry☆Streetの文字数カウンタページをブラウザ上に表示を残しておけば、そのままインターネット環境が無くても動作します(たぶん)。