godmemo

デザイン/WEB屋のメモです。自分用

クロネコヤマトの意見広告をみて、胸が熱くなる。「郵便業務」「荷物を運ぶ仕事」の存在

f:id:godspade:20151114125205p:plain

出典:ヤマト運輸

 

2015年11月12日

この日、ヤマト運輸が全国54紙に『意見広告』を掲載

 http://www.kuronekoyamato.co.jp/ad/20151112/index.html

これを読んでとてもとても胸が熱くなりました。

全て正しい解釈かどうかわかりませんが、個人的な意見として書いてみたいと思います。

 

ユニバーサルサービスとは

公共的なサービスとされるユニバーサルサービスになかの「郵便業務」。

これを日本郵便が担っているのですが、ユニバーサルサービスを維持するために

免税・減税などの優遇措置が行われる。しかも交通規制の免除や通関手続きの簡素化などの優遇を受けることができる。

駐車禁止の場所でも、集配車両に関しては駐車してもOKということです。

そして日本郵便は、ユニバーサルサービスである「郵便業務」とユニバーサルサービスではない「荷物を運ぶサービス」の両方をしています。

「郵便業務」「荷物を運ぶサービス」は全く別もの

わかりやすくいうとこういうことですかね、

 

「郵便業務」➡ユニバーサルサービス(免税・減税・交通規制の免除・通関手続きの簡素化などの優遇措置)

「荷物を運ぶサービス」➡優遇無し

 

日本郵便とヤマト運輸の仕事の範囲

「郵便業務」「荷物を運ぶサービス」➡日本郵便

「荷物を運ぶサービス」➡ヤマト運輸

 

『ヤマト運輸』の宣戦布告!?

 今回、ヤマト運輸が掲載した『意見広告』の内容は、国と日本郵便に対して、『公平・公正な条件(イコール・フィッティング)の実現を求める』ということですが、

日本郵便は 「荷物を運ぶサービス」と「郵便業務」の線引きを不明確にしつつ、「荷物を運ぶサービス」であろう部分まで「郵便業務」の恩恵を得ようとしてるのではないか!?

まさに国民の血税という甘い蜜を吸い続けている日本郵便と、それを野放しにしている日本政府を相手取ったヤマト運輸の宣戦布告ともとれる内容です。

国の使命を担うようなサービスであれば、優遇処置を受けるのは当然の事ではあるということを理解している上で、

「荷物を運ぶサービス」の立場のヤマトさんが噛み付いたのは、

 

・黒字の「郵便業務」に、なぜ優遇措置が必要なのか

・税の優遇=国民の税負担として、税制優遇が適用される「郵便業務」の範囲を明確に説明して欲しい

・「荷物を運ぶ仕事」について、公平・公正な条件の実現を求める

・国民目線で、定義が不明確な『信書』の制度を変えて欲しい

 

日本郵便だけが優遇される偏ったルールを改善し、不公平・不公正性を無くして欲しいというヤマト運輸の心の叫びですね。その為に国民からの声も求めています。

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ad/20151112/index.html

 

 当ブログ記事では、完全にヤマトさん贔屓で書いていますが、私は当然ながら今回のヤマトさんのアクションに賛同しています。日本郵便に個人的に恨みがあるわけではありませんが、私が日本郵便に疑いというかちょっとネガティブな思いが出てきたのは

『ヤマトのメール便の廃止』あたりからでしょうか。

 

『ヤマトのメール便の廃止』の裏側に『信書』という存在がつきまとっていた

自身がフリーで仕事を始めてからメール便廃止に至るまでの数年間、日常的にメール便を愛用させて頂いてた。

名刺やチラシのデザイン〜印刷〜発送までの業務を行っており、

印刷所からクライアント向けの印刷物が出来上がり、当方で梱包の後にメール便で発送というところで、『小ロットの印刷物』にはこのメール便が非常に重宝していたんです。さらに、ジュエリー関連の物品のやり取りでも利用していました(保証額が低い為もちろん高価なジュエリーを発送する場合は宅急便)。

 

そして、基本的に、送料はお客様負担でお願いしていたこともあり、小ロットのお仕事の場合、制作費用+印刷費用と併せても、少額であり、そこにプラス送料ということで普通に宅急便を使うとお客様の送料負担額が大きくなる(送料のみで500~700円台)。

これがメール便を利用するだけで半分以下の費用しかかからないし、速達を利用すれば、発送後、同エリアであれば翌日にポスト投函されるのだ。昼間に宅急便受け取りが難しい人には、ポスト投函のメリットが生かされる。

 

ちなみに通常のメール便だと、メール便用の配達員が郵便局員の様に配達するが、『速達』を利用すると宅急便の配達員が配達するので、スピード感と安心感を得るために『メール便 速達』を常用してました。 

しかし 『メール便は信書はNG』ということで、「請求書や契約書は送れない」ということで、申し訳なさそうに集荷の配達員が言っていました。

 

そんな便利で溺愛していたメール便が、2015年今年のはじめに廃止になるというニュースを聞いたとき、悲しみに朽ち果てた記憶があります。

理由には、「お客さまがしらないうちに『信書』を送ってしまうリスク」を防ぐため」ということでした。

この廃止劇の裏側で、壮絶な戦いがあったようです

不都合を避けるため、クロネコヤマトは、送付が規制される「信書(手紙など)」の範囲を文書の文面ではなく、文書を入れる封筒の大きさで決めることを、2013年12月、郵政政策部会に提案しました。

しかしながら、当社の主張は受け入れられず、送付が規制される「信書(手紙など)」の範囲は曖昧なままです。

お客さまが知らないうちに信書を送ってしまうリスクをふせぐため、私たちは2015年3月31日をもってクロネコメール便を廃止しました。

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ad/20151112/index.html

 今回の「意見広告」の中でも『信書』について触れてますね。

 

日本郵便のレターパック

メール便の代替案として考えたのが、郵政の『レターパック』こちらもゆうパックや宅急便に比べ、費用的には安いですが、ヤマトさんのサービスに比べるとなにかと扱いずらい。

そういえば過去に、友人が食らったレターパックの悲劇

びしょ濡れです。 品名には「書籍」と書いてあるのに・・・ ひどい濡れようです。 中に入っていた本は、カバーがたまたま防水系の紙だったので ギリギリ無事でしたが、もし濡れていたら・・・ あ、補償をしてくれるのかなと思って調べてみましたが 「万一事故があっても損害賠償の対象となりませんのでご注意下さい」 とのこと(郵便物等の損害賠償制度 )。 だったらもうちょっと注意してくれたらどうなんだ と思うのは私だけでしょうか。。。

出典:友人のブログから

 こんなんみたら、ますます悲しくなって、レターパックの利用も躊躇します。

たしかに、雨の日のレターパックはいつも濡れているような・・・・。

もちろん配達員の方は何も悪くないです。雨の日も雪の日も、がんばって郵便物を届けてくれるので、本当に有り難いです。

 

ネコポスの存在

そんなこんなで、結局は今もメール便に変わって『ネコポス』を利用しています。

法人向けのサービスで、メール便とほぼ同等のサービス『ネコポス』。

メール便の廃止からすぐですが、同等のサービスを開始して体制をもちなおすヤマト運輸もすごい!

 

そんなこんなで、私はこれからもヤマト運輸贔屓です

今回の『意見広告』を読んで、感激したわけですが配達業界の闇みたいなものもちょっと目にする事ができ、良い機会だったなと思います。

日本郵便の存在も当然必要不可欠です。

ヤマト運輸が国民立場を利用してキレイ事を言っている だけかもしれません。

それでも、ユニバーサルサービスに関しては正しく税金が使われ、

国民がで安心して利用できる便利なサービスを提供して頂ければ嬉しいですね。